HOME>イチオシ情報>免疫細胞療法って具体的な治療方法をリサーチ

免疫細胞療法って具体的な治療方法をリサーチ

女医

免疫細胞療法でがんとサヨナラしよう

昨今、がん治療の分野で非常に注目が集まっている療法の1つに免疫細胞療法があります。この療法では人間の持っている免疫の力を呼び起こすことに特徴があります。免疫にはがん細胞すら倒すことができる力がありますが、がん細胞は免疫のブレーキをかける力を持っています。そこで免疫のブレーキを外したり、免疫のアクセルをかけたりすることでがん細胞に対抗することができます。免疫細胞療法は副作用が他のがん治療と比べて少なく、効果も大きいことからこれからのがん治療の常識を変えるとも言われています。現状では公的な保険の対象ではないものの、民間の保険には先進医療の特約が付いていることもあります。技術が進めばさらに効果が大きくなることも考えられます。

病院

どんな治療内容なのか

免疫細胞療法には様々な方法がありますが、その中には免疫チェックポイント阻害剤を使用した方法もあります。免疫チェックポイント阻害剤を使用することで免疫のブレーキを解除することができます。免疫のアクセルを踏む方法としては、患者さんの血液を無菌状態で培養する方法があります。血液の中には免疫細胞がいるのでその数を大幅に増やしていきます。その増やした血液を患者さんに戻すことで免疫を高めます。言葉でいうと簡単そうに見えますが、免疫細胞を健全なまま増殖させるのは高い技術を要します。そのため、どこでも受けられる手術というわけではありません。しかし、今後の進歩によっては幅広い医療機関で受けられるようになる可能性があります。